<< 【創作の話】謎の言葉「やっていき」について語るオタク | とっぷ | 【平日プール記念】ニート日記5 >>

【単純にすごい】「うにゅほとの生活」について語るオタク

ばかのひです。

最近30分ほど昼寝をしようと思って布団に入ると三時間くらい時が飛ぶことがちょくちょくあります。

 

一日一ブログ更新習慣三日目。

このブログを読んでいるにっちな方々はご存知かと思いますが、

私が一日に一度更新している魂魄のところの妖夢ちゃんが書いている無断転載した、

妖夢ちゃんごはん日記というものがあります。こちらも見てね。

既に七年目を迎えたこちらですが、書き始めたきっかけが八白さんが書いている

うにゅほとの生活だったりします。(八白さんのブログへ飛びます)

 

そんな妖夢ちゃんごはん日記のきっかけにもなってる

うにゅとの生活の魅力を今回はかたかたとしていきたいなと思います。

 

「続きを読む」よりどうぞ。

JUGEMテーマ:東方Project

●うにゅほとの生活とは

筆者である八白さん(本名:○○)とうにゅほ(本名:××)の日記形式の作品?です。

※細かいところを言及すると面倒なので作品と言い切ります

2011年の11月から今まで続いており、つまり8年と8ヶ月一日一回、ほとんど欠かすことなく書かれている日記です。

イかれてるとしか思えない更新頻度ですよね。

 

東方の二次創作と思いきや、これは八白さんとうにゅほ(おくう?)の日常のことを書いたものなので、

どうもどういうものなのか説明しづらいですね。

八白さんの周りには本当にうにゅほ(おくう?)が居るのか、代わりの実際の人間がいるのか、妄想なのかタルパなのか。

私にはわかりませんが、それは作品の本質とは別なので考えないことにします。どうでもいいです。

 

●うにゅほとの生活の魅力

その内容は本当に些細な日記でして、時としてほとんど会話で終わるものや、

八白さんとうにゅほがいちゃいちゃするだけで終わるもの、更には人やペットの死について書いているものと様々です。

人が8年も生活していると、それはもう色々と起こるわけですから当然ですよね。

そんなリアルな八白さんの日常と癒やしである存在のうにゅほに魅力があります。

彼女は最強に可愛いのです。

百聞は一見にしかず、先程私が貼った八白さんのブログかもしくは

まとめサイトの2ch東方スレ観測所

一部日記を動画化したものもあります。ニコニコ動画

あとは八白さんのTwitterですね。

 

いいから見て下さい。面白いので。

まとめサイトが一番読みやすいかな。

 

簡単に言うと「めっちゃなげえ日記」なので全部読むのに一苦労ですが、

みょんな中毒性がありますので一度読み出すとキリが良いところまで拘束されます。

ちなみにキリはあまりよくならないので永遠に拘束されます。

 

●うにゅほとの生活のなぞ

やはりうにゅほの存在がすごく謎なのです。

この記事を書くにあたり、初期の方を少し読み返したのですが、

(これは自慢なのですが私は2011年から2020年6月まで全て読んでいます)

彼女は公園で八白さんに出会って生活することになり、更に自分の年齢も箸の使い方もわからないのです。

モデルがいるのかどうかはさておき、普通に考えて普通ではない彼女です。

どんな過去があってどんな生活を経て八白さんに出会ったのでしょう。

 

ともあれ、日記を見る限り今の彼女は確実に幸せだと思います。

なのであまり過去について深堀りしようとするのも無粋でしょう。

うにゅほが幸せならそれでいいのです。

 

●うにゅほとの生活のすごさ

先日したとおり、ほぼ欠かすことなく一日に一度更新するスタイルはちょっと真似できません。

私も一日一回の日記を書いていますが、酔っ払うと次の日いっぺんに2日分アップしたり、

仕事が本当に大変なときには二ヶ月近く休んだこともあります。

八白さんの日記が2日ぶんまとめてアップされる時はちゃんと外泊をした、などの理由があるため

本当に休みなく更新されてると思います。

あと、これを言うと当たり前だろと言われてしまうかもしれないんですが、

なんというか、日記一日一日がひとつではなくて、本当に日々を綴っている連続的な作品なので、

「あの時のあれ」「去年は云々」「前回やった時は」などが頻繁に出てきてそれがとても好きなんです。

 

いや日記だから当たり前なんですけどね。

うん。

妖夢ちゃんごはん日記もそうですよ。あれは妖夢ちゃんの日記の丸コピペなんだから。

はい。

 

●おしまい

本来なら語るべきところはいっぱいあるのですが、それはもうすごいすごい量の作品なので

細かく話すととんでもない量の文章を書くことになってしまうのでここで終わりです。

多分一から見直すと夜通しでも時間が足りなくなるんじゃないでしょうか。

堀さんと宮村くんのサイト、読解アヘンレベルの時間消耗だと思います。

私も見返そうかなあと思っていますがまだ実行できていません。

 

こんなにすごい作品なのでもっといろんな方が読んでくれで、それを語り合いたいなと思いこのブログで記事を書いてみました。

コンテンツとして、毎日更新されるって嬉しいですよね。

そりゃあもう作る側は大変なんですけど。

 

ということで今回は終わりです。

先程最初の方を読み返した、と言いましたがやはり今とは感じが違いますね。

主に地の文と会話量の差とか。

 

ああ、読み返したくなってきました。

また眠れない夜が続きます。

 

それではまた明日。

| あたいんちの活動のこと | 08:15 | comments(0) | - |










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
2020ねん08がつ (1)
2020ねん07がつ (13)
2020ねん06がつ (4)
2020ねん05がつ (2)
2020ねん04がつ (4)
2020ねん03がつ (1)
2020ねん02がつ (10)
2020ねん01がつ (3)
2019ねん12がつ (1)
2019ねん11がつ (3)
2019ねん10がつ (3)
2019ねん09がつ (4)
2019ねん08がつ (5)
2019ねん07がつ (2)
2019ねん06がつ (1)
2019ねん05がつ (8)
2019ねん04がつ (9)
2019ねん03がつ (2)
2019ねん02がつ (1)
2019ねん01がつ (1)
2018ねん12がつ (1)
2018ねん10がつ (2)
2018ねん09がつ (1)
2018ねん08がつ (3)
2018ねん07がつ (2)
2018ねん06がつ (3)
2018ねん05がつ (3)
2018ねん04がつ (5)
2018ねん03がつ (4)
2018ねん02がつ (4)
2018ねん01がつ (5)
2017ねん12がつ (2)
2017ねん11がつ (2)
2017ねん10がつ (3)
2017ねん09がつ (2)
2017ねん08がつ (3)
2017ねん07がつ (1)
2017ねん05がつ (3)
2017ねん04がつ (1)
2017ねん03がつ (2)
2016ねん11がつ (2)
2016ねん10がつ (1)
2016ねん08がつ (1)
2016ねん06がつ (1)
2016ねん04がつ (1)
2016ねん01がつ (2)
2015ねん12がつ (1)
2015ねん11がつ (1)
2015ねん10がつ (2)
2015ねん09がつ (1)
2015ねん08がつ (1)
2015ねん07がつ (2)
2015ねん06がつ (2)
2015ねん05がつ (3)
2015ねん04がつ (2)
2015ねん03がつ (2)
2015ねん02がつ (1)
2015ねん01がつ (2)
2014ねん12がつ (1)
2014ねん11がつ (3)
2014ねん10がつ (1)
2014ねん09がつ (1)
2014ねん08がつ (2)
2014ねん07がつ (2)
2014ねん06がつ (1)
2014ねん05がつ (3)
2014ねん04がつ (1)
2014ねん03がつ (4)
2014ねん02がつ (3)
2014ねん01がつ (1)
2013ねん12がつ (4)
2013ねん11がつ (3)
2013ねん10がつ (3)
2013ねん09がつ (5)
2013ねん08がつ (10)
2013ねん07がつ (6)
2013ねん06がつ (8)
2013ねん05がつ (2)
2013ねん04がつ (3)
2013ねん02がつ (1)
2013ねん01がつ (2)
2012ねん12がつ (1)
2012ねん11がつ (2)
2012ねん09がつ (2)
2012ねん08がつ (2)
2012ねん07がつ (3)
2012ねん06がつ (2)
2012ねん05がつ (6)
2012ねん04がつ (10)
2012ねん03がつ (3)
2012ねん02がつ (2)
2012ねん01がつ (4)
2011ねん12がつ (20)
2011ねん11がつ (24)
2011ねん10がつ (1)
2011ねん08がつ (2)
2011ねん06がつ (1)
2011ねん04がつ (2)
2011ねん03がつ (1)


ページのトップへ戻る