<< 【京都合同】おしながきだー!【秘封倶楽部】 | とっぷ |

【文々。友の会】二泊三日京都オフレポ【一日目】

JUGEMテーマ:同人誌

JUGEMテーマ:同人活動

JUGEMテーマ:東方Project

 

ばかのひです。胃の調子が悪いです。食べ過ぎです。

 

一人で二泊三日の京都一人旅へ行ってきましたのでブログを書くことにします。

目的は

・関西に住んでる後輩ちゃん(♂)とのデート

・みやこめっせの京都合同「文々。友の会」にサークル参加

・うぶわらいさんの「ギャラリー」を見に行く

・あと観光とか

という感じですが思ったより長くなったので日毎に分けました。

一日目、三日目はほぼ日記なのでオタクの観光日記なんかいらねえ! という方は二日目だけ見てね。

全体的に写真が多いのでそこは気をつけてくださいな。

 

★今ここ【文々。友の会】二泊三日京都オフレポ【一日目】

★★★★【文々。友の会】二泊三日京都オフレポ【二日目イベント編】

★★★★【文々。友の会】二泊三日京都オフレポ【二日目秘封倶楽部編】

★★★★【文々。友の会】二泊三日京都オフレポ【三日目】

 

ということで「続きを読む」よりどうぞ。

 

 

 

●お家

文々。友の会前日(19/11/16)の朝8:00に家を出ました。

今回こだまのグリーン車という贅沢なんだがだるいんだかわからない新幹線で行くので

京都につくのはお昼ころになります。

一人旅ではいつも一緒な妖夢ちゃんと出発前の写真を。

●東京駅

東京駅で好きなのり弁当を買っていざ乗り込みます。

グリーン車ってあんまり乗ったこと無いんですけどそこまで乗り心地良くないですね。

寝ようにも頭の位置が安定しませんでした。

スーツのおっちゃんの隣で飲むビールは格別でした。

それにしてもこだまで仕事場に向かうってどういうことでしょう。

 

●京都駅

3時間半の旅、寝たりTwitterしたりで気づいたら京都でした。

特に面白いエピソードが無いですが、途中で座った隣のおばちゃんがきんつばを食べ始め

「おばちゃんって本当にきんつばを食べるんだな」という出来事はありました。

 

ここで待ち合わせしてた後輩ちゃんが遅刻したり私が腹痛の為トイレに籠ったりしましたが特に滞りなく錦市場へ行きます。

ぼくたちはお腹が空いているのです。

●錦市場

京都駅から四条駅へ電車で、そこから歩いて錦市場へ行きました。

ここはお金を払えばタダでごはんを食べさせてくれる店がなんと130店もあるとか。

歩くしか有りません。意気揚々と入ります。

さて何を食べようかなと後輩ちゃんと一緒に目を輝かせます。

「なぜぼくたちは京都に来て真っ先にすずめを食したのか」

という会話を後輩ちゃんとしたのを覚えています。

すずめです。すずめ。最高に硬かったです。

味は蒲焼さん太郎の味です。

すずめは450円なので45枚の蒲焼さん太郎を食べたほうがいいな、と言ったら後輩ちゃんのツボにハマっていました。

やったぜ。

お次はたこ。頭の所がうずらの卵のゆで卵になっています。

なんとグロテスクな改造でしょう。

味はめちゃくちゃ美味しかったです。お酒を呑みたくなりました。

ちなみにこのタコタマゴ(正式名称は忘れました)、結構いろんな店で売ってます。

お土産屋さんの八つ橋レベルでいろんな店のタコタマゴがあります。

どこも味は同じかも知れません。わかりません。

足だけ先に食べて「芋虫www」とか言ってる後輩ちゃんのサイコ具合を確かめながら次のお店へ。

こちらも名物らしいミンチカツ。

メンチカツじゃないところがポイントです。

一口食べたら「うんまあ美味しいね」程度だったのですが

真ん中まで食べ進めるとあっつあつとかそういうレベルじゃない温度の肉汁が飛び出てきました。

それがとんでもなく美味しかったんですが二人で火傷しました。

後輩ちゃんは「マグマのメンチカツ包み」と称していました。

いいセンスだ。

お次はだし巻き卵。なんか卵の有名なお店で食べました。

私はこれが錦市場の中で一番気に入りました。

「うまっ!」って思わず言ってしまうくらい美味しくて

それを聞いていた後輩ちゃんは「うしっ!」って言っていました。全然面白くないです。

彼にはがっかりです。

画像が横になっちゃいましたが面倒なので直しません。

これはなんかハリネズミの形をした揚げ物です。

食べなかったので何かは知りませんが、有名らしいです。

私と後輩ちゃんの目当てはハリネズミではなく隣りにあったこれです。

 

名物、チョコレートコロッケです。

これだけは食べようと後輩ちゃんと前もって計画していました。

こういうのを食べるのが旅って感じしますよね。すごく京都ぽいです。

京都、京都とは一体……?

ちなみに味はチョコレートのコロッケって感じです。そうですそのままです。

全く目新しさはありませんでした。

普通に美味しいけどね、まあなんか串カツ屋さん行ったらイロモノ枠で置いて有りそうな感じでした。

うん、なんか普通でした。

なんとなく腹ごなししたので嵐山へ向かうことにしました。

この時期、紅葉がきっと凄いはずです。

なんか有名な渡月橋という橋もあるみたいです。

京都っぽい道を進んで駅へ。

外に見える木も赤みを帯びていますね。

ちょっとだけだけど。

電車は外国人がやたら居ました。

●嵐山

ついたよ。嵐山です。

ここは阪急嵐山線の嵐山駅で

他に嵐電(らんでん)の嵐山駅とJRの嵯峨嵐山駅があるみたいです。複雑。

そういえば嵐山ってなんか結構西の方にあるイメージだったんですが

意外にも電車で30分くらいでした。近いですね。

おお! これが渡月橋か!

ちっちゃいな!

まあ観光地ってこんなもんか!

という感じでした。

と思ったら本物がありました。

おっきいおっきい橋です。あまりに大きいです。

でもなぜ観光地なのかわかりません。あれですかね、本当は奥に見える嵐山がもっと紅葉だったら

「映え」するんですかね。わかりません。

ともかくなんか人がいっぱい居ました。

着物の女子も居ました。

結論から言うと渡月橋というのは

外国人とおばあちゃんばかりが渡ってる橋のことです。

きっとそうです。

なんか拍子抜けしたので嵐電の方へ行ってみます。

東方厨のぼく「響子ちゃんだ! ちょっと写真撮って良い?!」

後輩ちゃん「良いですけど。有名店なんですか?」

ぼく「ううん、ちょっと、ゲームのキャラの……」

後輩ちゃん「ふうん」

なんかため息つかれました。

 

この辺りは観光客でいっぱいで人混みと歩き回った疲れからか

不幸にも私達は嵐電に乗って銭湯に行くことにあいなったのです。

●銭湯

キモオタの腕です。

ぼく「これやろうぜなんか面白そう!」

後輩ちゃん「なんで京都来てまでこんなゲーム……」

→思いの外面白く4プレイしました。

後輩ちゃんより私の方が進んだので「やっぱオタクっすねwww」という称賛を頂きました。

ありがとうございます。悔しかったんだね。ごめんね。

もはや京都のものかわからない飲むヨーグルトを飲みました。

言い忘れましたが今日のメインは晩ごはんなのに二人共食べ過ぎです。

なんかエモい駅に乗って八坂神社のあたり向かいます。

(写真に写ってるのは知らないおじさんと女の子です。けして私と後輩ちゃんじゃありません)

ちなみに京都の八坂神社は東方の神奈子お姉さんとほぼ関係ありません。

鴨川です。カップルが等間隔で並んで川を眺めていてて

「あれは陣取り合戦なのかな?」「カップルが互いに牽制しあってるんだ」

「間に入ったらどうなるんだろう」「ベルトコンベアーなのかな」

とよくわからないことを言いながら通り過ぎました。

写真がぶれているのは急いでいたからです。

結構高級な晩ごはんなので、遅れてはならないと焦っていました。

八坂神社。

チラ見だけです。目的はごはんです。お前の出番は無いですよ。

●儀兵衛さん

八代目儀兵衛というお米が美味しいと言われるお店に行きました。

コースは一人7500円くらい。なかなかに良い値段なので期待です。

カウンターに後輩ちゃんと並んで、まずは大将の挨拶から始まります。

緊張しました。まあお酒ですぐにその緊張はなくなったんですけど。

まずお米のワインが出てきました。

これでも最近ワインにうるさい私は(アルパカという600円くらいのワインを狂ったように飲んでます)

どんなものかとちょっと舌に載せてみましたがそれはそれはスイートな味わいで、お酒が飲めない人でもこりゃあいけるなと感じるほどです。

わたし「美味しい。これお酒飲めない人でもいけるね」

後輩ちゃん「酒飲みがそれいっても一ミリも説得力無いです」

カウンター奥のシェフ(苦笑い)

恥ずかしかったです。

恥ずかしさのあまり京都の地ビールも頼みました。

私は右側の緑のが好きです。種類や銘柄は覚えていません。

「京都の右側の緑のビール」があったらみなさんも頼んでみてくださいね。

投石機みたいなのに乗せられたお粥が出てきました。

八穀米を使っているそうです。美味しかったです。

今から言っておきますがこれから出てくる品、全部に私は「美味しかったです」と言います。

覚悟しておいて下さい。

つづいて来たのが京野菜。

「なにこれ意識たかw」などと笑ってはいけません。

野菜自体の味もさることながら、メインは真ん中のソースです。

これもお米を使っているようで、なんかアンチョビ的なものも入っていました。

これは後輩ちゃんと声を揃えていったのですが「今まで食べてきた中で一番美味しいソース」でした。

ちょっと美味しすぎて引きました。そのくらいです。やばいです。美味しかったです。

そしてなんとお米の店なのにパンも出てきました。

実はお米が練り込んであるお米パンのようです。これにソースにぶち込んで食べるともう意味がわかりません。

舌が射精したと錯覚するくらい幸せになります。

この美味しさの比喩伝わってます?

なんかもう全部美味しいやつです。

左上:ほうれん草とウニあえたの

上 :サバの押し寿司

右上:何かのちらしずし(これが一番美味しかった)

左下:ぶりのお寿司

右下:いちじくの「ポラソム」的なやつ(なんかカタカナのやつ)

でした。周りには秋が散りばめられていて全て美味しかったです。

後輩ちゃんはこれらを一分位で食べ終えて「え、俺また何かやっちゃいました?」みたいな顔をしていました。

もっと味わいやがれ。

つづいて。

左奥:忘れました

左 :牡蠣のなんか

右 :松茸のなんか

スプーン:白子のなんか

です。この辺りから日本酒を飲み始めていますので記憶があれです。すみません。

ちなみに日本酒も「ササニシキ」と書かれているやつを飲みました。

糖質を異常に取っている気がします。でも美味しいので良いのです。

白子スプーンは口に入れた瞬間しびれるほど美味しかったです。

 

大将「お客様の為にお米を炊いています。これは火を入れて少ししたやつです。アルデンテの米です」

わたし「ほえー」

後輩ちゃん「ほえー」

となったものです。アルデンテの米、すごく美味しかったです。

ちなみに左上に見えるのはお米を炊く時に使うめちゃくちゃ柔らかいお水だそうです。

それで口直しもしました。よくわかりませんが柔らかかったです。

お次は本番です。

大将「開くぞ? 開くぞ? 写真撮ってね? 匂いも嗅いでよ?」

ぼく「あ、はい」

後輩ちゃん「あ、はい」

ヒュー!

べらぼうにいい匂いと主にギンギンに勃っているお米とこんにちはしました。

なるほど、初めて「銀シャリ」の意味を感じた気がします。

そして出てくるお米にあうおかずセット。

塩海苔、サワラを煮込んだやつ、ちりめん、いくら、えのきの煮たやつ、しらすの煮たやつ

豚の角煮、京都のお漬物、お味噌汁。

六合は食べられるおかずです。中でも箱に入った塩海苔(左上)。

ぱっりぱりで程よい塩味、さらに米の甘さが合わさりこの世の幸せだなと感じるほどでした。

ほぼイキかけました。

豚の角煮とかいう誰もが好きなメニューが霞むほどお米の為につくられたおかずたちです。

この辺でとっくにお酒のことは忘れています。

お酒飲んでる暇あったら米を食うんです。それほど米が美味しかったんです。

もちろんおこげも。少しはそのまま食べて残りはほうじ茶のお茶漬けでいただきます。

最後の最後までぬかりはありません。昆布とともに頂きました。

デザートもあるぞ!

え、今日はお抹茶も飲んで良いのか!

ということで栗羊羹、ふわふわの白いのと一緒にお抹茶を頂きました。

お米はおかわりもしたので幸せに満腹です。

最後の最後まで楽しめたお店でした。

お土産でお米を買いました。

たしか2合500円と5kgで4900円くらいです。

いい値段しますね! でも美味しいからね。

 

そんなこんなで満腹になったのでホテルへ行きます。

後輩ちゃんはそろそろ家に帰る時間です。

●ホテル

後輩ちゃんが大阪に帰る前に私のホテルに寄りました。

わざわざ見送りだそうです。可愛い奴め。

そしてチェックインしてみると一人部屋なのにツインです。ラッキーです。ありがたや。

印刷所からホテルに送った同人誌は無事届いておりました。安心。右下のね。

 

「後輩ちゃんじゃあまたね。見送りありがとう」と言おうとしたらベッドにダイブしやがりました。

それが右のしわになってるベッドです。一悶着のすえ左のベッドは死守しました。

後輩ちゃんはベッドを荒らすためにわざわざ私を見送りに来たようです。

最高にふざけたやつです。無理やり帰らせました。

次会うのはいつでしょう。きっと一年後くらいです。

 

●ということで

一日目は後輩ちゃん(♂)とのデートで終わりました。

なかなかどうして京都らしい一日目だったと思います。

でも本番は次の日、文々。友の会とうぶわらいさんのギャラリーです。

そんなわくわくを胸に、この日は早めに(2時くらい)に眠りました。

【文々。友の会】二泊三日京都オフレポ【二日目イベント編】

へ続く!

 

 

 

| 雑談のこと | 23:52 | comments(0) | - |










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
2019ねん11がつ (2)
2019ねん10がつ (3)
2019ねん09がつ (4)
2019ねん08がつ (5)
2019ねん07がつ (2)
2019ねん06がつ (1)
2019ねん05がつ (8)
2019ねん04がつ (9)
2019ねん03がつ (2)
2019ねん02がつ (1)
2019ねん01がつ (1)
2018ねん12がつ (1)
2018ねん10がつ (2)
2018ねん09がつ (1)
2018ねん08がつ (3)
2018ねん07がつ (2)
2018ねん06がつ (3)
2018ねん05がつ (3)
2018ねん04がつ (5)
2018ねん03がつ (4)
2018ねん02がつ (4)
2018ねん01がつ (5)
2017ねん12がつ (2)
2017ねん11がつ (2)
2017ねん10がつ (3)
2017ねん09がつ (2)
2017ねん08がつ (3)
2017ねん07がつ (1)
2017ねん05がつ (3)
2017ねん04がつ (1)
2017ねん03がつ (2)
2016ねん11がつ (2)
2016ねん10がつ (1)
2016ねん08がつ (1)
2016ねん06がつ (1)
2016ねん04がつ (1)
2016ねん01がつ (2)
2015ねん12がつ (1)
2015ねん11がつ (1)
2015ねん10がつ (2)
2015ねん09がつ (1)
2015ねん08がつ (1)
2015ねん07がつ (2)
2015ねん06がつ (2)
2015ねん05がつ (3)
2015ねん04がつ (2)
2015ねん03がつ (2)
2015ねん02がつ (1)
2015ねん01がつ (2)
2014ねん12がつ (1)
2014ねん11がつ (3)
2014ねん10がつ (1)
2014ねん09がつ (1)
2014ねん08がつ (2)
2014ねん07がつ (2)
2014ねん06がつ (1)
2014ねん05がつ (3)
2014ねん04がつ (1)
2014ねん03がつ (4)
2014ねん02がつ (3)
2014ねん01がつ (1)
2013ねん12がつ (4)
2013ねん11がつ (3)
2013ねん10がつ (3)
2013ねん09がつ (5)
2013ねん08がつ (10)
2013ねん07がつ (6)
2013ねん06がつ (8)
2013ねん05がつ (2)
2013ねん04がつ (3)
2013ねん02がつ (1)
2013ねん01がつ (2)
2012ねん12がつ (1)
2012ねん11がつ (2)
2012ねん09がつ (2)
2012ねん08がつ (2)
2012ねん07がつ (3)
2012ねん06がつ (2)
2012ねん05がつ (6)
2012ねん04がつ (10)
2012ねん03がつ (3)
2012ねん02がつ (2)
2012ねん01がつ (4)
2011ねん12がつ (20)
2011ねん11がつ (24)
2011ねん10がつ (1)
2011ねん08がつ (2)
2011ねん06がつ (1)
2011ねん04がつ (2)
2011ねん03がつ (1)


ページのトップへ戻る