<< 【初京都】文々。新聞友の会へ参加するよ | とっぷ | コロッケそば >>

秘封倶楽部のブックレットをまとめてみた【2019/10現在】

ばかのひです。

ネットカフェはサボることができない最強の精神と時の部屋です。

 

秘封倶楽部の小説を書くに当たり

少しブックレットの情報をまとめたので記事にしてみます。

結構自分用のmemoになりましたが、参考になる箇所があればぜひ参考にしてください。

細かいところは東方元ネタWikiのほうが絶対詳しいです(元も子もない)。

あくまでねたになりそうな所を抽出しただけですのでご容赦を。

 

ではどうぞ。

 

01.蓬莱人形 〜 Dolls in Pseudo Paradise
2002/08(C62)
・秘封倶楽部は出てこないため割愛

 

02.蓮台野夜行 〜 Ghostly Field Club
初出:2003/12(C65)
・メリー一人称
・蓮台野の「入り口」を見に行くと言い出したのは蓮子
・メリーは蓮台野の入り口を知らなかった
・きっかけは冥界の写真。蓮子が裏表ルートで仕入れた
→結局なにそれ?
・メリーは彼子供の頃から岸花が嫌い。気持ち悪いから
・2:30に破壊しを1/4回転させると桜の世界が広がった
・博麗神社にある入り口を見に行かない? で終わり

 

03.夢違科学世紀 〜 Changeability of Strange Dream
初出:2004/12(C67)
・メリー一人称
・童祭の歌詞掲載
・メリーの家系は霊感あるほう
・夢の中で紅魔館に紛れ込む
→真っ赤なお屋敷、周りは湖なことから
・迷いの竹林に紛れ込む
→曲名や実際に迷っていることから
後ろで聞こえてきた不気味な笑い声
→山犬より大きい鼠の様な黒い生き物
・実際にクッキーと筍をもらってきた
・サークル活動の殆どは蓮子の行動力から生み出される
・蓮子がメリーと呼ぶのは本名あ呼びづらいから 本名は忘れてるかも
・蓮子『客観的に見て明確な真実が存在する』
・メリー『真実は主観の中にある』
・メリーは蓮子の考えを前時代的という
・メリーの専攻は相対性精神学
・蓮子は超統一物理学 ひもの研究
・紅い光(女の子)
→火に包まれていたという証言から妹紅
・去った後の紙切れ
→スペカ? それか妹紅の御札
・終盤蓮子一人称
・メリーの夢は結界を越えた世界だと蓮子は気づいている
→それは非常に危うい状態
蓮子は二つの答えをメリーに与えようとする
1.境界越えを夢だと思わせる
2.境界越えだと強く意識させる
後者を選んだ。蓮子「メリーだけずるい」から。

 

04.卯酉東海道 〜 Retrospective 53 minutes
初出:2006/05(例大祭3)
・三人称(誰かの一人称?)
・朝、東京行きの電車は空いている
・「旧東海道なんて、もう東北人とインド人とセレブくらいしか利用していないわよ」
・遷都が理由で東京京都間に大幅な需要が生まれた
・なので卯酉新幹線ヒロシゲが出来た。53分でいくよ
・「京都と違って新宿とか渋谷とかには歴史を感じる建物も多いしね」
・蓮子の彼岸参りに便乗が目的
・メリーは初めての東京
→本でしか見たこと無い
・ヒロシゲは二つしか駅がない。卯東京駅と酉京都駅しかない
・鎌倉駅も設立予定だった
・富士山の下でメリーは頭痛
→霊峰のせい。霊感が作用していると思われる
・これらの説明はだいたい蓮子
→物知り蓮子
・新幹線がホクサイを採用していたら36分だったろう
→歌川広重の五十三次を意識しての53分だから
また、本当は53分よりも早く付くのを調整していることからも可能そう
・派手な格好の若者達が、独自のルールを形成している東京
・「京都と違って東京は田舎だから、懐かしい物が沢山あるのよ」
・「閉塞感ある狭くて高いビルの中で遊ぶテーマパークとか、超大型ショッピングモールとか」
・京都の娯楽は新茶道
・千年以上も霊的研究を続けてきた京都
・ヴァーチャルの感覚は、リアルより人間の感覚を刺激する。
・ナレーション「言うまでもなく、ヴァーチャルが人間の本質なのだ」
・ZUN「隣の席に座っていた人が、二人の会話を聞いて心の中で突っ込みを入れていただけですね。
その突っ込みがナレーションです。ほんとか?」
→にしては二人を知り過ぎである

 

05.大空魔術 〜 Magical Astronomy
2006/08(C70)
三人称
場所は大学構内のカフェテラス
月面旅行が一般人も可能に
あらゆる情報が手に入る今でも、宇宙だけは永遠のロマンであった。
蓮子はプランク並に頭がよい(自称)
メリー「あ、新作のケーキ、美味しそう! このケーキの最小単位は合成卵と合成苺ね」
宇宙ではサイフォン式でコーヒーを淹れる(蒸気圧)
構内は学生カードで支払う(親が学費としてまとめて払う)
大学の設備の噴水
最後はメリーの提案「月面ツアーが高くて無理なら別の方法で」

 

05.5.未知の花 魅知の旅
初出:2011/05(例大祭8)
ブックレットは無いため割愛

 

06.鳥船遺跡 〜 Trojan Green Asteroid
初出:2012/04(COMIC1☆6)
・三人称
・トリフネは数年前に原因不明の機械トラブルを起こし、宇宙の藻屑と消えた不遇の宇宙ステーション
・色んな動植物を乗っけてた
・メリーは中の様子が見える
→夢でね。しかも蓮子も行けるようになってる
・衛星トリフネには天鳥船神社が建てられていた。
・目の前に立ちはだかる未知の生物
→羽の生えた獰猛な獣の姿。キマイラ
・メリーは怖がり、蓮子は興味津々
→やはり秘封倶楽部の原動力は蓮子である。
・蓮子が意識すれば不安定な重力を使いこなせる?
→しかしこれは現実のトリフネ。気の所為なはず
・メリーが獣に襲われ怪我をする
→蓮子は無傷

 

07.伊弉諾物質 〜 Neo-traditionalism of Japan.
初出:2012/08(C82)
・三人称
・信州のサナトリウムにいるメリーの所へ蓮子がくるところから始まる
→原因は鳥船遺跡で獣に襲われた時の怪我・原因不明のウイルス。譫妄(せんもう)
完治しているのでやっと会えた感じ
・メリーは日本に身寄りが居ない
→留学生? 初出?
・退院ついでに信州観光(善光寺とか)
・メリーは夢の中に実際に移動するようになってきている
→だから鳥船で怪我をしあのはメリーだけ
・蓮子いわくメリーの力は寺社仏閣が関係している
→メリー「そうだっけ?」
・地獄についてはメリーのほうが詳しそう
・メリーは療養中、地底の洞窟にいた
→不思議な石片のかけらも持ってきてる
・療養中、はるか地底のイザナギプレートから人工物が出てきた
→メリーが持っているのはイザナギプレートの名残の石
・戸隠へいく二人
→マジトガスマイル
・療養中メリーがみた映像は地獄ではない、神々の世界の映像だ
→日本中の不思議を集めて

 

08.燕石博物誌 〜 Dr.Latency's Freak Report.
初出:2016/05(例大祭13)
・三人称
・博物誌(同人誌)を作る二人
→メリーの見てきたものをまとめるのがテーマ
・情報の速度や量は価値を失った
→質が求められる。メリーの情報は稀有
・作りたいと言ったのはメリー
→でも文字を書くのは疲れる
・ナレーション「お酒を呑み冷静になった時にふと思うのだ」
・神社で見た誰の目にもとどまること無く障害物にあたらない猫
→東方キャラではない? シュレディンガーのために出た猫?
・見える人の中にはちょっとしたコツをつかめばあの世とこの世を渡れる
→強く拒むなにかがあるけどね。コツ次第
・「――異物が混入したら、排除しないと」
→結局なんなのこれ。あの世の人の警告?
紫……と関係があるのか。境界の話してるし
・ペンネームはDr.レイテンシー
→言わずもがなの。メリーはちょっと恥ずかしがってる

 

09.旧約酒場 〜 Dateless Bar "Old Adam".
初出:2016/08(C91)
・三人称
・バー・オールドアダムにて
→参加者はだいたい匿名希望(Dr.レイテンシー)
・メリーと似たような能力を持っている人を探すために潜入した
・新型酒
→酔いつぶれない依存性が低く害が比較的ない
・旧型酒
→我々が飲んでいるやつ。オールドアダムではこれを扱っている。
・オールドアダムの人は燕石博物誌を読んでいるのが前提
・皆を試している、と機転を利かせたのは蓮子
→やはり頭がいい
・その目的は「メリーが鏡で結界の向こう側を見せると同時に相手に触れて本当に異世界を見たのか探る作戦」
・蓮子は三輪山に行こうとメリーに言う
→やはり原動力である。メリーは断る

 

おしまい

疲れました。(正直者)

というかこの方達は頭がいいのかひねくれてるのかわからないのですが難しいことを話しすぎです。

頭の良くない私には少しつらいです。

といいますがやはりそこは神主、見返してみるといやはや、難しいのに面白いんですよね。

やはりこの界隈、二次創作が賑わっていると何が原作情報かわからなくなってしまいます。

そんな昨今だから振り返ってやりました。

ヒロシゲの「誰かの一人称」ってどこかの二次創作作家の説だって記憶してましたがまさか神主自信の話だったとは。

 

ということで今度の京都のイベントで使うためにまとめた今回の記事ですが、きっとあんまり使えないでしょう。

だって基本的に二人がいちゃこらしてるだけなんですもん。

そういう話を書けば良いんですよね、わかります。

でもひねくれてるのが小説書きの本分ですから……

 

ということでこの辺にします。

そろそろ家に帰りたいので。

ネットカフェは作業できますが落ち着きませんね。

ではまた次の記事で。またね。

 

| 東方原作のこと | 20:40 | comments(0) | - |










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 最強でオトナでクールな東方原曲BEST5を本気で作ってみたよ
    ばかのひ (03/23)
  • 最強でオトナでクールな東方原曲BEST5を本気で作ってみたよ
    難関ケータイΣ (03/20)
  • 「東方文果真報」を読んだのでネタをまとめてみるよん
    いきしい (05/01)
  • 「東方文果真報」を読んだのでネタをまとめてみるよん
    ぷちしゅ (03/29)
  • 『がちゃがちゃ東方クエスト』をもうこんかんじでぐちゃぐちゃプレイ!
    いきしい (08/30)
  • 『がちゃがちゃ東方クエスト』をもうこんかんじでぐちゃぐちゃプレイ!
    る〜こと (08/30)
  • 歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2
    いきしい (08/19)
  • あおうん、影狼ちゃん! 紹介記事(※現在未完成)
    いきしい (05/06)
  • あおうん、影狼ちゃん! 紹介記事(※現在未完成)
    mariya (05/03)
  • 歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2
    名無し (03/24)
ARCHIVES
2019ねん11がつ (1)
2019ねん10がつ (3)
2019ねん09がつ (4)
2019ねん08がつ (5)
2019ねん07がつ (2)
2019ねん06がつ (1)
2019ねん05がつ (8)
2019ねん04がつ (9)
2019ねん03がつ (2)
2019ねん02がつ (1)
2019ねん01がつ (1)
2018ねん12がつ (1)
2018ねん10がつ (2)
2018ねん09がつ (1)
2018ねん08がつ (3)
2018ねん07がつ (2)
2018ねん06がつ (3)
2018ねん05がつ (3)
2018ねん04がつ (5)
2018ねん03がつ (4)
2018ねん02がつ (4)
2018ねん01がつ (5)
2017ねん12がつ (2)
2017ねん11がつ (2)
2017ねん10がつ (3)
2017ねん09がつ (2)
2017ねん08がつ (3)
2017ねん07がつ (1)
2017ねん05がつ (3)
2017ねん04がつ (1)
2017ねん03がつ (2)
2016ねん11がつ (2)
2016ねん10がつ (1)
2016ねん08がつ (1)
2016ねん06がつ (1)
2016ねん04がつ (1)
2016ねん01がつ (2)
2015ねん12がつ (1)
2015ねん11がつ (1)
2015ねん10がつ (2)
2015ねん09がつ (1)
2015ねん08がつ (1)
2015ねん07がつ (2)
2015ねん06がつ (2)
2015ねん05がつ (3)
2015ねん04がつ (2)
2015ねん03がつ (2)
2015ねん02がつ (1)
2015ねん01がつ (2)
2014ねん12がつ (1)
2014ねん11がつ (3)
2014ねん10がつ (1)
2014ねん09がつ (1)
2014ねん08がつ (2)
2014ねん07がつ (2)
2014ねん06がつ (1)
2014ねん05がつ (3)
2014ねん04がつ (1)
2014ねん03がつ (4)
2014ねん02がつ (3)
2014ねん01がつ (1)
2013ねん12がつ (4)
2013ねん11がつ (3)
2013ねん10がつ (3)
2013ねん09がつ (5)
2013ねん08がつ (10)
2013ねん07がつ (6)
2013ねん06がつ (8)
2013ねん05がつ (2)
2013ねん04がつ (3)
2013ねん02がつ (1)
2013ねん01がつ (2)
2012ねん12がつ (1)
2012ねん11がつ (2)
2012ねん09がつ (2)
2012ねん08がつ (2)
2012ねん07がつ (3)
2012ねん06がつ (2)
2012ねん05がつ (6)
2012ねん04がつ (10)
2012ねん03がつ (3)
2012ねん02がつ (2)
2012ねん01がつ (4)
2011ねん12がつ (20)
2011ねん11がつ (24)
2011ねん10がつ (1)
2011ねん08がつ (2)
2011ねん06がつ (1)
2011ねん04がつ (2)
2011ねん03がつ (1)


ページのトップへ戻る