<< 初めて同人誌を作る時の「罠」にはまらないための簡単な方法 | とっぷ | なんで文字書きはすぐ「絵師さんこれ絵にしてよ」って言うん? >>

「歩け! イヌバシリさん」はなぜこんなに面白いのかを考える

ばかのひです。
いきしいという名前はもう恐らく使いません。

もうしばらく前なのですが
東方創想話における最高峰の長編SS
「歩け! イヌバシリさん」シリーズの感想を書いていました。
これです。

歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察

歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2

今見返すとまったく考察なんてしてないですし文章もぐちゃぐちゃで最後まで書ききってないので
あれから5年経った今、改めてなぜイヌバシリさんはこんなに面白かったのかを
真面目に分析していこうと思うよ。
(なんで今更、というのはこの記事の最後に書きました)

今回はネタバレはしない方向で書いていくけど
やっぱり何も情報がない所から読むのとこの記事を読んでから読むのでは
感じる所に違いが生まれると思うので
イヌバシリさんシリーズ未読の方は自己判断でお願いしますね。

--以下、本文

 

●作品情報
作者は本質さん。
イヌバシリさんの本編は東方創想話で全て読めます。(勝手にリンク貼ります)
東方創想話 - 歩け!イヌバシリさんシリーズ

本質さんのブログ

Vol.1〜8で一旦終わり。
Vol.9の番外編を挟み
Vol.10〜12でセカンドシーズン(勝手にそう呼んでます)で終わり。
その後のおまけの番外編で「 ― 東行西走/刀工製想 ―」があるので全部で13話あります。

●魅力その1
まず何がこんなにも魅力的なんだというところから。
読み終えた人はまず気づくと思うのですがストーリーが完全にど王道です。
王道一直線です。
簡単に要してしまうと
「過去に様々なものを背負った主人公が、目の前の困難や課題を乗り越えていき
仲間や信頼を築き上げて影響を受け、最終的には自分自身を見つめ直していく」
みたいなお話なので(ここまで要してしまうと作者様や他のフアンに怒られそうです)
そりゃ面白いのは当たり前です。
でも王道っていうのは見せ方を工夫しないと「ありきたり」になってしまうので
そこが上手いというのもありますが。これは魅力その3でもちょっとお話します。
ということで、魅力その1は「芯の通った王道ストーリー」です。

●魅力その2
「キャラクター」ですね。
イヌバシリさんこと椛は原作で台詞もなければ立ち絵も無いキャラなので
キャラの魅力は作者の力量で大きく変わっていきます。
この作品のタグにもあるように、結構な数オリキャラが出てきますので
「オリキャラを輝かせる力」は大いに求められます。
既存のキャラも「二次創作ありきたり」な言動をせず、どこかとんがった性格をしています。
鉄拳タッグ2で言うとトゥルーオーガくらいとんがってます。わかりやすい例えですね。
これはもう見ないとわからないですが、背景も属性も全部うまいこと考えられいるんです
個人的には東方キャラでは文が、オリキャラはやっぱり大天狗が好き。
私が文を好きになる作品は原作かイヌバシリさんくらいな気がします。

●魅力その3
「構成」及び「文章」。これが私は一番だと思っています。
「構成」「文章」なんてもう大ざっぱすぎて投げやりに見えてしまいますが
基本的ベースが「前半のギャグパート、後半のストーリー進行」という構成になっていますが
私が上手いと感じたのは前半のギャグパートです。
ストーリーの本質に関係ないように見えて関係があり、下手すりゃ伏線もぶちまけられたりしています。
油断なりません。
読み返して「あー」ってなるの気持ちいいよね。

あと、面白いストーリーでも見せ方次第で駄作になってしまうのは言うまでもないですが
そのストーリーの見せ方の見せ方として無駄を省いた地の文、台詞は最高に機能しています。見せ方の見せ方です。
簡単に言うと文章が見やすくてわかりやすいんです。
もちろん見せ場は、はっとする文章が飛び込んできますが基本は無駄を端折られた文章でこのお話は出来ています。
これが私はイヌバシリさんの最大の魅力だと、気付きました。
今書いてて気付きました。きっとこれが一番です。

●まとめ
まとめると
「良質なストーリーを上手い構成と文章で見せてキャラを立たせる」
という阿呆がまとめたみたいな感じになりました。

とまあここで終わっては阿呆のままですが、きっとこれ本質だと思います。
(ここで本質という単語が出てきたのは偶然です)
私は最初、イヌバシリさんは設定やらキャラやらぶっ飛んでるから面白いんだろうと
何度も読破している故に思っていたのですが、この記事を書いてやっとわかりました。
イヌバシリさんはもうがっちがちの下地……つまり、お話作りの基本が完璧すぎるからこそ面白いんだ、というとこです。
「文章力」というよく分からないふわふわした言葉がありますが
私は純文学などでよく見かける冗長で文章自体に味がある文章、だと思ってました。
その文章力、イヌバシリさんでははそこまで機能していないと思っていました。

でも、このまとめで、それは勘違いだということがわかります。
本当の文章力っていうのは「お話を上手く見せる最適解の文章」それが文章力なんだと。
つまり、この作品の文章力はかなりレベルが高いということ。
それを気づけただけでもこの記事の価値があります。
ありがとう、イヌバシリさん(酷い終わり方)


●おまけ
果たしてまとまったのかは不明ですが
私は東方創想話でおすすめを聞かれたら間違いなくこの作品をあげます。

そして、この記事をなぜ5年経った今書いたのかと言うと

【再録】歩け!イヌバシリさん その壱「ネゴシエーター」

白岩さんという方が作者の本質さんの許可を得て漫画(同人誌)にしているのです。(勝手にリンク張ってます)
現在、一話だけ頒布され、再録という形でpixivにアップされています。

そしてなんと!
次の5/6の例大祭でその弐が出るようです!
じゃあ私も過去の途中の文章を片付けないと、とこの記事を書き上げたわけです。

東方二次創作をここまで好きな方々がいて、三次創作まで発展するなんて
本当に、凄い事だと思います。

いずれ私もこういう作品を書きたいな、というところで
この記事を締めさせて頂きます。
有難うございました。
創想話用の長編のプロットを眺めながら、ばかのひでした。

| 東方小説感想のこと | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |










http://blog.atainchi.com/trackback/1156
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 最強でオトナでクールな東方原曲BEST5を本気で作ってみたよ
    ばかのひ (03/23)
  • 最強でオトナでクールな東方原曲BEST5を本気で作ってみたよ
    難関ケータイΣ (03/20)
  • 「東方文果真報」を読んだのでネタをまとめてみるよん
    いきしい (05/01)
  • 「東方文果真報」を読んだのでネタをまとめてみるよん
    ぷちしゅ (03/29)
  • 『がちゃがちゃ東方クエスト』をもうこんかんじでぐちゃぐちゃプレイ!
    いきしい (08/30)
  • 『がちゃがちゃ東方クエスト』をもうこんかんじでぐちゃぐちゃプレイ!
    る〜こと (08/30)
  • 歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2
    いきしい (08/19)
  • あおうん、影狼ちゃん! 紹介記事(※現在未完成)
    いきしい (05/06)
  • あおうん、影狼ちゃん! 紹介記事(※現在未完成)
    mariya (05/03)
  • 歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2
    名無し (03/24)
ARCHIVES
2018ねん10がつ (1)
2018ねん09がつ (1)
2018ねん08がつ (3)
2018ねん07がつ (2)
2018ねん06がつ (3)
2018ねん05がつ (3)
2018ねん04がつ (5)
2018ねん03がつ (4)
2018ねん02がつ (4)
2018ねん01がつ (5)
2017ねん12がつ (2)
2017ねん11がつ (2)
2017ねん10がつ (3)
2017ねん09がつ (2)
2017ねん08がつ (3)
2017ねん07がつ (1)
2017ねん05がつ (3)
2017ねん04がつ (1)
2017ねん03がつ (2)
2016ねん11がつ (2)
2016ねん10がつ (1)
2016ねん08がつ (1)
2016ねん06がつ (1)
2016ねん04がつ (1)
2016ねん01がつ (2)
2015ねん12がつ (1)
2015ねん11がつ (1)
2015ねん10がつ (2)
2015ねん09がつ (1)
2015ねん08がつ (1)
2015ねん07がつ (2)
2015ねん06がつ (2)
2015ねん05がつ (3)
2015ねん04がつ (2)
2015ねん03がつ (2)
2015ねん02がつ (1)
2015ねん01がつ (2)
2014ねん12がつ (1)
2014ねん11がつ (3)
2014ねん10がつ (1)
2014ねん09がつ (1)
2014ねん08がつ (2)
2014ねん07がつ (2)
2014ねん06がつ (1)
2014ねん05がつ (3)
2014ねん04がつ (1)
2014ねん03がつ (4)
2014ねん02がつ (3)
2014ねん01がつ (1)
2013ねん12がつ (4)
2013ねん11がつ (3)
2013ねん10がつ (3)
2013ねん09がつ (5)
2013ねん08がつ (10)
2013ねん07がつ (6)
2013ねん06がつ (8)
2013ねん05がつ (2)
2013ねん04がつ (3)
2013ねん02がつ (1)
2013ねん01がつ (2)
2012ねん12がつ (1)
2012ねん11がつ (2)
2012ねん09がつ (2)
2012ねん08がつ (2)
2012ねん07がつ (3)
2012ねん06がつ (2)
2012ねん05がつ (6)
2012ねん04がつ (10)
2012ねん03がつ (3)
2012ねん02がつ (2)
2012ねん01がつ (4)
2011ねん12がつ (20)
2011ねん11がつ (24)
2011ねん10がつ (1)
2011ねん08がつ (2)
2011ねん06がつ (1)
2011ねん04がつ (2)
2011ねん03がつ (1)


ページのトップへ戻る