<< 今でも聞いている奇妙な東方アレンジのおはなし | とっぷ | ガルパンはいいぞだけど色々あるのでまとめつつ感想書いてみた >>

東方歴10年超えたので一生聞ける最強のボーカルアレンジ曲をあげてみるよ

ばかのひです。いきしいもいますよ。

 

実はそろそろ東方を知って10年くらい経っていることに気づきました。

(2008年は地霊殿が頒布された頃ですね)

 

なので

一生聞ける最強の東方アレンジボーカル曲

をあげてやろうとおもいます。

 

買ったCDや借りたCD、サークルさんのHPからDLした曲など全てウォークマンに突っ込んでいるのですが

ものすごく大雑把に数えたら東方アレンジボーカルは*1000曲くらいありました。

その中から選んでいきます。

 

今でも購入できる場合はURLを張っていくのでぜひ!

 

*全音楽ファイル2600曲の半分くらいは東方で

原曲、自サークルのものを抜いたら1000くらいだろうというかなりガバガバ計算。

ホントは1500くらいありそうだけど大げさに言うとあれなので

 

 

--ここから本文

 

敬称など略させていただいています。

 

 

●はじまりのうた

サークル:夕焼けコンテナ。

アルバム:夕焼けコンテナ。Toho Vocal Arrange Collection

編曲、歌: 村瀬悠太feat.PETAKO

原曲:ハルトマンの妖怪少女

備考:BOOTH

 

APOLLOというネット上の音楽即売会で一聴き惚れしたので購入したアルバムに入っていた一曲。

ハルトマンの妖怪少女のアレンジは数あれど、ここまで可愛らしさと切なさを共存させた曲はきっとありません。

イントロのピアノ、サビのメロの可愛さ、しっとりと心にしみます。

全く無駄の無い洗練されたアレンジと、PETAKOさんの細く子どもっぽいながらしっかりとした声が最高にマッチしています。

 

また、作詞者が狙っているのかはわかりませんが、この曲の詞は決してスマートではないのが魅力だと感じます。

例えばプロが作るような、全く否のない綺麗で収まっている歌詞ならここまでこの曲は好きになりませんでした。

この曲はオケとメロと歌詞が全てハルトマン、古明地こいしのアレンジにふさわしい「完璧じゃ無さ」があるのでこんなにもいい曲になったんじゃないのでしょうか。

簡単に言うとミロのヴィーナスみたいな魅力がある曲です。

この曲はこれで完成していると思います。

 

あと、細かいですが、ボーカルが詞の最後をほとんど伸ばさないのがとても良いです。

冗長にならず、余韻を楽しめる。もっと聞きたいと思わせる。

何から何まで完璧です。

 

●砂のこども

サークル:Halozy

アルバム:Lucky 7

編曲、歌:アサヒ、水瀬ましろ

原曲:星の器 〜 Casket of Star

備考:公式HP

 

友達の家で聞いて「あ、これは買わなきゃ」と思った一曲。

ゆっくりしっとりと聴く曲です。

Vocalの水瀬ましろさんは同アルバムの「Run Through The Night」を前に聞いたことがあり知っていたのですが

あちらと違い、この曲はとても優しく語りかけるような歌い方をしていて驚きました。

 

この曲はとても優しい曲です。

一時期私の作業用BGMで延々とループさせていたのですが、それでも飽きません。

それはやっぱりこの曲が優しくて何の違和感も無い自然な曲だからだと思います。

魔理沙の曲とは思えないくらいしっとりしてます。

 

あとオケも可愛いです。

 

最後にやっぱり細かいですが、サビの「背の高い」の「たかい」で少し裏返るというか、高音になる箇所

ここが狂おしいほど好きです。

 

●Strange New World

サークル:ZYTOKINE

アルバム:POP ICON

編曲、歌:隣人、ドニィ・ザ・ダイナマイト

原曲:華のさかづき大江山

備考:公式HP

 

友達の車の中で聞いて「んだこのかっけえの」ってなった一曲。

初めて聞いた時は、まさか東方のアレンジ曲だとは思いませんでした。

基本的に私は男性Vocalのアレンジは全く聞かないのですが、この曲は例外です。

格好良すぎます。

大江山は原曲もアレンジも祭の曲なんですよね。

勇儀ってそういうキャラですし、原作の出方とか、やってたこととか凄く浮かれている。

そんなアレンジのこの曲、サビはまんま大江山なんですがめちゃくちゃ格好良いんです。

 

これは祭りというか、旧地獄の衰退した世界だと考えればなるほど、雰囲気は合ってます。

歌詞は東方さがあるかと言われると、ううん。私にはわかりません。

 

細かい所。

Bメロ最後の「気付いていた」からのサビが格好良すぎる。

まさか東方ボーカル女性厨の私が男の声の色気を感じるとは思いませんでした。

 

格好いいしか言ってないけど本当に格好いいです。

 

●シュガーベイビーナミダメトリクス

サークル:OTAKU-ELITE Recordings

アルバム:戦車を駆りて、■■は

編曲、歌: D.watt 、七条レタス、神波千尋

原曲:少女さとり 〜 3rd eye

備考:BOOTH

 

OTAKU-ELITE Recordings、通称オタエリにハマっていた時期があり、アルバムを買い漁って出会った一曲。

一言で言えない雰囲気を持つ曲。

オタエリの曲は中毒性があるものが多いものの、これは本当にハマる。

いかにもアニソンというかキャラソンみたいなVocalの神波千尋さんに最高に合う曲です。

間奏ですら溢れるその声に耳は幸せになります。

萌声が好きではない私ですら虜になりました。

さとりっていうキャラクタはなんともこじらせていそうですが、そこをこの曲でも存分に表せています。

 

余談になってしまいますが

オタエリの曲は本当に良いものが多いです。

今回なんとなく一サークル一曲であげましたが、もっともっといい曲があります。

 

細かいですが、「たーらん」が好きです。

歌詞だけではなくて間奏にも魅力がある、最強のアレンジ曲です。
 

 

--

ということで何曲か最強をあげました。

最強がいくつかあるのは気にしないでね。

結構前から私は萌声よりもおとなしめの大人っぽい響く声が好きだと明言していたのですが

最強はどうだと言われたらしっとりと安心して聞ける曲になったんじゃないかと思います。

それは好みからか、この荒んだ現代を生きる人間だからか、とか格好つけたこと言ってしまいます。

やっぱり長くずっと好きな曲はゆったりしっとりと進行していく曲なんだね。

まとめてみて初めてわかりました。

 

それではこれをきっかけにみなさんも聞いてくれたら私は嬉しいな。

じゃあまたね。

 

| 東方音楽感想のこと | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |










http://blog.atainchi.com/trackback/1147
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 最強でオトナでクールな東方原曲BEST5を本気で作ってみたよ
    ばかのひ (03/23)
  • 最強でオトナでクールな東方原曲BEST5を本気で作ってみたよ
    難関ケータイΣ (03/20)
  • 「東方文果真報」を読んだのでネタをまとめてみるよん
    いきしい (05/01)
  • 「東方文果真報」を読んだのでネタをまとめてみるよん
    ぷちしゅ (03/29)
  • 『がちゃがちゃ東方クエスト』をもうこんかんじでぐちゃぐちゃプレイ!
    いきしい (08/30)
  • 『がちゃがちゃ東方クエスト』をもうこんかんじでぐちゃぐちゃプレイ!
    る〜こと (08/30)
  • 歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2
    いきしい (08/19)
  • あおうん、影狼ちゃん! 紹介記事(※現在未完成)
    いきしい (05/06)
  • あおうん、影狼ちゃん! 紹介記事(※現在未完成)
    mariya (05/03)
  • 歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2
    名無し (03/24)
ARCHIVES
2018ねん10がつ (1)
2018ねん09がつ (1)
2018ねん08がつ (3)
2018ねん07がつ (2)
2018ねん06がつ (3)
2018ねん05がつ (3)
2018ねん04がつ (5)
2018ねん03がつ (4)
2018ねん02がつ (4)
2018ねん01がつ (5)
2017ねん12がつ (2)
2017ねん11がつ (2)
2017ねん10がつ (3)
2017ねん09がつ (2)
2017ねん08がつ (3)
2017ねん07がつ (1)
2017ねん05がつ (3)
2017ねん04がつ (1)
2017ねん03がつ (2)
2016ねん11がつ (2)
2016ねん10がつ (1)
2016ねん08がつ (1)
2016ねん06がつ (1)
2016ねん04がつ (1)
2016ねん01がつ (2)
2015ねん12がつ (1)
2015ねん11がつ (1)
2015ねん10がつ (2)
2015ねん09がつ (1)
2015ねん08がつ (1)
2015ねん07がつ (2)
2015ねん06がつ (2)
2015ねん05がつ (3)
2015ねん04がつ (2)
2015ねん03がつ (2)
2015ねん02がつ (1)
2015ねん01がつ (2)
2014ねん12がつ (1)
2014ねん11がつ (3)
2014ねん10がつ (1)
2014ねん09がつ (1)
2014ねん08がつ (2)
2014ねん07がつ (2)
2014ねん06がつ (1)
2014ねん05がつ (3)
2014ねん04がつ (1)
2014ねん03がつ (4)
2014ねん02がつ (3)
2014ねん01がつ (1)
2013ねん12がつ (4)
2013ねん11がつ (3)
2013ねん10がつ (3)
2013ねん09がつ (5)
2013ねん08がつ (10)
2013ねん07がつ (6)
2013ねん06がつ (8)
2013ねん05がつ (2)
2013ねん04がつ (3)
2013ねん02がつ (1)
2013ねん01がつ (2)
2012ねん12がつ (1)
2012ねん11がつ (2)
2012ねん09がつ (2)
2012ねん08がつ (2)
2012ねん07がつ (3)
2012ねん06がつ (2)
2012ねん05がつ (6)
2012ねん04がつ (10)
2012ねん03がつ (3)
2012ねん02がつ (2)
2012ねん01がつ (4)
2011ねん12がつ (20)
2011ねん11がつ (24)
2011ねん10がつ (1)
2011ねん08がつ (2)
2011ねん06がつ (1)
2011ねん04がつ (2)
2011ねん03がつ (1)


ページのトップへ戻る