<< 例大祭14などに行ったのでCDなどを買ったのだ | とっぷ | 【声優さん募集】東方のオーディオブックを作ろうと思っています >>

例大祭14お疲れ様と同人小説のこと

0

     

    いきしいです。ばかのひでもあります。

    例大祭14、お疲れ様でした。

    おかげさまでサークルあたいんちは今まで最高の頒布数となりました。

     

    (新刊)えげつなこいごころ  70部

    (既刊)しぬほどこいごころ  30部

    (既刊)死に日々ワルツ2      5部

    (既刊)もぐもぐレイテンシー   5部

    (既刊)死に日々ワルツ1    2部

     

    大体こんな感じです。一部四捨五入してます。

    こいごころの二冊を全面的に出していたのでこんな感じです。新刊つよし。

    備忘録も兼ねて、なぜ最高の頒布数になったかをまとめてみます。

     

    ●影響があったと思われるの

    ・ゆぬきうたさんの表紙がえげつなく可愛かった(ほんとに)

    ・博麗神社例大祭だった(秋でもなくコミケでもなく、一番大きいオンリー)

    ・お誕生日席だった(目立つしね)

    ・売りこころちゃんがいた(売り子のこころちゃんのこと。後述)

     

    ●影響があったかわからんがやったこと

    ・おしながき画像をサークルカタログ発売日についったにアップした(あとブログにも画像を乗せました)

    ・あとはイベント一週間前、二日前の金曜日にサンプルと紹介動画をアップした

     (サンプルはついったに添付する他ピクシブに、youtubeに紹介動画を。宣伝はこの三回)

    ・当日のスペースレイアウトをひたすら可愛くした(下記画像のように。売りこころちゃんに全部やってもらいました)

     

     

    このくらいでしょうか。

    売りこころちゃんの色とスペースに敷いてある布

    (こころちゃんのスカートとシャツ柄、でっかくあたいんちの文字。売りこころちゃんお手製)

    とポスターのオレンジのお陰でだいぶ遠くから見ても目立つようになっていました。

    私も何回か買い物に行ってきてからスペースに戻る際にその目立ちっぷりは確認しています。

    ピンクつよし。オレンジつよし。

    初めて紹介動画をひいひい言いながら作ったのですが

    結局今見ても再生回数が60回位なのであんまり宣伝の効果はなかったんじゃないかなと思います。

    次はもっとクオリティの高いものを早めに作ります。

     

    あと、これはもはやジンクス的な話なのかもしれないのですが

    私が買い物や挨拶回りで不在にして売りこころちゃん一人の時に

    購入者が殺到することが多かったようです。

    14時過ぎて「なんか20分くらい一冊も出ないし買い物行ってくる」

    と10分くらい外して帰ってきたら頒布数チェックの正の字が二つくらい増えてたってのが数回ありました。

    こころちゃん一人のときの方がいいもんね、そうだよね。私でかいもんね。

     

    とまあ、イベント参加(2014年11月24日)から二年半で

    やっと目先の目標である一イベント100部を達成することが出来ました。(といっても全て新刊ではないですが)

    2015年の悪夢の紅楼夢、新刊既刊合わせて12部の頃とくらべてだいぶ良くなってきたんではないでしょうか。

     

     

    なのでここで一区切り。全然別のお話をします。

    例大祭14の前日、お世話になっている球乗係の海苔缶さんの合同誌に参加してる人達のオフ会に参加しました。

    初めての方も居れば、前回の秋例大祭で一緒に飲み潰れた人もいて最高に楽しかったんです。

    全員小説書きなのでやっぱり創作のお話もしました。キャラの作り方、お話の作り方など。

    そして、東方の同人もしつつもプロになった人のお話も聞きました。

    その時の私の心境ですが

    すげえプロだって!→羨ましい!→俺もそうなりたい→どうすればそうなれるの?

    と、普通にこうなりました。

    いざそういう人が近くに居るとなんだ俺も出来るじゃないかと単純な事を考えてしまいますが

    じゃあ実際にどう動く? となるとあれ、何をすればいいんだとなってしまいます。

    例大祭の次の日は念のため有給を取っていたので(かしこい)そのことについてむにゃむにゃと考えたりしていました。

    そしてやっぱり「俺はなんで文字を書くか」につながってきました。

     

    同人としてこのまま書いていたらきっとすごく楽しいんです。

    東方の原作は新作が出る度にうきうきしますし、それについてわちゃわちゃ話したり考察するのすごく楽しいし

    廃れないジャンルだから同志も増えてくし。

    多分ゆっくりやってたら上であげた事を行わなくても100部頒布できたりするのかもしれません。

    ただ、それだけじゃ、それだけなんです。

     

    私はあんまり努力とかそういうのをしたことが無い人間だと自分で思っています。

    学生時代の部活やバイトなんて、割りと適当にやってたし(楽しけりゃ良いやって感じで)

    必要な事以外はてきとーにごまかして過ごしていました。

    だって努力って辛いんでしょ。

    (テスト勉強や受験勉強は最低限生きていく上に必ず必要なので努力とは思いませんし)

     

    そんな中で初めて努力したのが東方の二次創作でした。

    たしか受験勉強したくなくてニコニコ動画で東方の動画見まくってたのがきっかけです。

    ある素晴らしい作品に出会い、私も何かを生み出したくなり受験勉強そっちのけで創作をしました。

    (大学は落ちました! いえーい!)

    最初はツクールでRPGを、そのうち自分はゲームじゃなくて世界とかキャラを見せたいんだって気付いて

    文字を書くようになりました。

    東方創想話に投稿したのもその頃です。2011年の12月かな。

    最初は掲示板ですんごい叩かれて泣きそうになりました。(今見ても動機が激しくなります。まじで)

    でも面白いですって言ってくれる人も少しいたのでそれを増やすのにはどうするか考えました。(あと自演とか)

    最近になって、あれ、これ努力してるんじゃないかと思い始めました。

     

    だってやらなくてもいいんだからね、二次創作なんて。

    でも自分の見せたい世界がある、キャラが居る。

    それを広めるにはどうすればいいかと考える。

    このやらなくていい事について、お金をつかって時間をつかって考えて動く。

    ああ、これ努力だ。と私は気づきました。

    そうした途端、なんか自身が成長した気がしました。視野が広がった気がしました。

    そしてこれは気持ちいいこと、快感なんだと思いました。

    セックスよりも気持ちいいんだと思いました。

     

    話が変な方向にいっちゃいました。

    結論から言うと、なんで文字を書くか、の答えは

    快感を得る為、という所に落ち着きました。

    そしたら方法はいくらでも見えてきました。

    賞に応募したり、今まで通りWEBに投稿したり、ついったで阿呆みたいな文章かいたり。

    自分勝手だなあと思いますがアマチュアなんでそれでいいと思います。

    プロになったらそんなこと言ってられないんだけどね。

    でもそういうことはプロになったら考えます。なれるかしらないけど。

     

     

    人間は慣れる生き物です。

    今の一イベント100部の快感を得た私はきっとそれだけじゃあ物足りなくなると思います。

    だから私は快感を求める為に努力をするだろうし、してくれると思います(期待を込めています)。

    なのでじっくり焦らずやろうと思いました。

     

    もう一回こうやって振り返る時はきっと一つか二つ、上のステップに居ると思います。

    くじけなければ。努力を怠らなければ。

     

    イベントやメールでいただくお言葉はありがたく受け取っています。

    本当にいつもいつも、有難うございます。

    努力していく糧になります。私は幸せものです。

    これからは東方の二次創作も引続き今まで通り行なっていきますが

    それ以外のこともやるかもしれません。

    なんか吹っ切れたので全然別のこともやるかもしれません。

    暖かく見守ってて下さい。

    変なことしてたら注意していただけると助かります。

     

    さて、なんかいっぱい文字を書いた気がするのでこれからもっと書こうと思います。

    快感の為に努力しようと思います。

     

    では、また次のなにかで。よろしくねん。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ということでもっと感想ください。

    (今日一番良いたかったこと)

    | あたいんちの活動のこと | 13:50 | comments(0) | - |










    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    • 「東方文果真報」を読んだのでネタをまとめてみるよん
      いきしい (05/01)
    • 「東方文果真報」を読んだのでネタをまとめてみるよん
      ぷちしゅ (03/29)
    • 『がちゃがちゃ東方クエスト』をもうこんかんじでぐちゃぐちゃプレイ!
      いきしい (08/30)
    • 『がちゃがちゃ東方クエスト』をもうこんかんじでぐちゃぐちゃプレイ!
      る〜こと (08/30)
    • 歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2
      いきしい (08/19)
    • あおうん、影狼ちゃん! 紹介記事(※現在未完成)
      いきしい (05/06)
    • あおうん、影狼ちゃん! 紹介記事(※現在未完成)
      mariya (05/03)
    • 歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2
      名無し (03/24)
    • 歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2
      いきしい (03/13)
    • 歩け! イヌバシリさん シリーズの感想と考察2
      木質 (03/13)
    ARCHIVES
    2017ねん11がつ (2)
    2017ねん10がつ (3)
    2017ねん09がつ (2)
    2017ねん08がつ (3)
    2017ねん07がつ (1)
    2017ねん05がつ (3)
    2017ねん04がつ (1)
    2017ねん03がつ (2)
    2016ねん11がつ (2)
    2016ねん10がつ (1)
    2016ねん08がつ (1)
    2016ねん06がつ (1)
    2016ねん04がつ (1)
    2016ねん01がつ (2)
    2015ねん12がつ (1)
    2015ねん11がつ (1)
    2015ねん10がつ (2)
    2015ねん09がつ (1)
    2015ねん08がつ (1)
    2015ねん07がつ (2)
    2015ねん06がつ (2)
    2015ねん05がつ (3)
    2015ねん04がつ (2)
    2015ねん03がつ (2)
    2015ねん02がつ (1)
    2015ねん01がつ (2)
    2014ねん12がつ (1)
    2014ねん11がつ (3)
    2014ねん10がつ (1)
    2014ねん09がつ (1)
    2014ねん08がつ (2)
    2014ねん07がつ (2)
    2014ねん06がつ (1)
    2014ねん05がつ (3)
    2014ねん04がつ (1)
    2014ねん03がつ (4)
    2014ねん02がつ (3)
    2014ねん01がつ (1)
    2013ねん12がつ (4)
    2013ねん11がつ (3)
    2013ねん10がつ (3)
    2013ねん09がつ (5)
    2013ねん08がつ (10)
    2013ねん07がつ (6)
    2013ねん06がつ (8)
    2013ねん05がつ (2)
    2013ねん04がつ (3)
    2013ねん02がつ (1)
    2013ねん01がつ (2)
    2012ねん12がつ (1)
    2012ねん11がつ (2)
    2012ねん09がつ (2)
    2012ねん08がつ (2)
    2012ねん07がつ (3)
    2012ねん06がつ (2)
    2012ねん05がつ (6)
    2012ねん04がつ (9)
    2012ねん03がつ (3)
    2012ねん02がつ (2)
    2012ねん01がつ (4)
    2011ねん12がつ (20)
    2011ねん11がつ (24)
    2011ねん10がつ (1)
    2011ねん08がつ (2)
    2011ねん06がつ (1)
    2011ねん04がつ (2)
    2011ねん03がつ (1)


    ページのトップへ戻る